• あさぬま和子

11/16『イスラエルや中東の情勢、農業、歴史諸々』😊

本日は政務活動として『由良野の森』にて、イスラエル人のニコさんから


①イスラエル中東の情勢 ②イスラエルの水事情、農業技術と、自給率の話 ③ユダヤ人の歴史等


についてお話を聞きました。


 今の日本が、学ばないといけないことが満載でした。

 国土のほとんどが砂漠地帯に覆われ、水が少ないイスラエルでは、海水を淡水化する必要があります。  貴重な水資源であるため、生活用水は130%😲利用します。  植物を育てるのもハイテクで、センサーをコンピュータで管理し、根っこにその植物の状態にとって、最適な水を与えるシステムが完ぺきにできています。  それに加え、その個体の足りない栄養や水を管理します。

 驚くことに、イスラエルでは、水や肥沃な土壌が乏しい事情にも関わらず、食料自給率100%‼️😲

 さらに農家さんは、輸出もして経済的に自立してます。

 自然災害として、年に1、2度ひょうが降りますが、その災害からの被害については、国が100%保証するそうです。


 ニコさん曰く 「イスラエルは建国以来いつも戦争状態です。その中で人口を減らさない努力と、何もない上に不便だったので、とにかく知識を使ってこうなりました。」

 また、帰り際にニコさんから

「日本の豊かな水をフランスの企業なんかに渡したらだめ。国でしっかりやらないと。」 という、熱い強いメッセージをいだだきました。



<おまけ>

今日のランチは、香港料理 おいしくいだだきました。😊 ごちそうさまでした。

また、なめことしいたけ狩りもしました。



67回の閲覧
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

©2019 by あさぬま和子 愛媛県会議員 立憲民主党。Wix.com で作成されました。